SDBD RX-零丸 素組み レビュー

SDBD RX-零丸 素組み レビュー

武装装甲八鳥

後述する装備を骨格にして忍闘-道形態に必要な二の腕やスネなどが集約されています。武装装甲八鳥にもスタンドを使用することが出来るので、零丸と合わせてディスプレイの幅が広がります。

頑張れば零丸を乗せられることもできますが安定しません。

 

スポンサーリンク

忍闘-道(NT-D)

忍闘-道(NT-D)
NT-Dから頑張って命名した感じが。

零丸の頭を背負っているので横や後ろから見ると凄いことに。

頭部をバックパックに接続するためにシールド手裏剣のジョイントを2本使用する点を除けば、零丸と武装装甲八鳥のパーツのみを合体させる形になります。

等身が伸びただけではなく、肩やスカートアーマーが前後反転しているので印象が意外と変わります。

肩アーマーが外れやすく、腰のロール軸が緩めに感じます。

頭部のアンテナを外すことによって、胸部に接続しているマスクをか被せることができます。
物語前半の仕様ですね。

二の腕のみサイコフレーム部の網掛けモールドがありません。

馬具那式タネガシマ

マグナシキタネガシマ
武装装甲八鳥の残ったパーツを組み替えて出来上がります。
カートリッジ程度しか名残がありませんが、ビームマグナムですね。

ビーム忍者刀

忍者刀にSD形態でマフラーとして使用していたビームエフェクトを被せます。

ただはめ込んだだけで、クリアランスもタイトではないので外れやすいです。

膝は90度程度しか曲がりません。

ビーム斬馬刀

馬具那式タネガシマを組み換え、先端に忍者刀にビームエフェクトを装着したものを差し込みます。

辛うじて両手持ちが可能です。

今の所片手持ちでも問題はありませんでした。

サイコミュジャック
アニメではアヤメがやってるだけで、零丸はやってない?

SDBD RX-零丸

2000円近くするだけあり、零丸と武装装甲八鳥合わせると中々のボリュームがあります。

零丸と武装装甲八鳥を組み合わせて飾るのが中々楽しいです。

ベースがクロスシルエットのCSフレームなのでSD形態では可動範囲に不満はありませんが、リアル等身では股関節など厳しい部分もあります。
とはいえ忍闘-道形態ではフロントアーマーが長いのでそもそもの可動範囲が限られる部分もありますが。

全体的に忍闘-道はオマケという印象が残ります。

素組みでこの白さなので、シールにしろ塗装にしろ作業量は多そうです。

 

スポンサーリンク