機動戦士ガンダム Gフレーム03 百式 レビュー

機動戦士ガンダム Gフレーム03 百式 レビュー

機動戦士ガンダム Gフレーム 3弾の可動フレームとアーマーを組み合わせた百式のレビューです。

 

スポンサーリンク

 

アーマー&固定フレームと可動フレーム&装備の2パッケージが必要となります。

両方購入すると、左右ともに武器持ち手と平手が揃います。

パーツはすべて切り出され、組立済みの箇所もあるのでニッパーは必要ありません。

3弾から胸像は付属しなくなりました。
少し残念です。

本体色は成型色で、胸部と襟のゴールドのみ塗装されています。

フレキシブルバインダーなどオリジナルのモールドが加えられており、全体的に胸が大きく感じるプロポーションになっています。

脚のフレームは塗装されていませんが、可動フレームにスネのシリンダーを取り付けるので見た目の再現度も高めです。

フレキシブルバインダーとバックパックはボールジョイント接続で、バインダー中央部の可動はありません。

頭部のアンテナが太めです。
破損と安全基準を考えると仕方ないですね。

額は外すことが出来ます。

ゲート跡など目立つ箇所もあります。

二の腕と太アーマーはモナカではないので、裏側がフレームむき出しになります。

百式は脹脛スラスターがないので膝下のジョイントが目立ちます。

ビームサーベルは取り外せません。

ビームライフル

肩に跳ね上げ機構があるので格好良くビームライフルを構えることができます。

アーマーがそれほど妨げにならないので立膝もつけます。

クレイバズーカ

クレイバズーカのグリップに可動は無いので脇に抱える形の保持になります。

手首はボールジョイントですがバズーカを抱えるとなにかとタイトで、構えるには少し窮屈です。

クレイバズーカはバックパックにマウントすることができます。
特別外れやすいといったことはありませんでした。

スタンド穴

股関節の中央に穴が空いているのでスタンドを仕様することができます。

脚を広げると干渉して必要以上にサイドアーマーが開いてしまうのが玉に瑕です。

首や腰、胸の可動がしっかりしているので上向きも下向きもしっかりできます。

機動戦士ガンダム Gフレーム03 百式

フレームの関節の硬さは丁度良く動かしやすくなっています。

あとはビームサーベルをよそから調達出来れば文句なしですね。

1個540円でフル稼働モデルにするには1,080円とガンプラが1個買えてしまう値段になってしまいますが、満足度は悪くないなという印象です。

機動戦士ガンダム Gフレーム 百式改/量産型百式/百式 コーティングver.【プレミアムバンダイ限定】

スポンサーリンク