SD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダム 素組み レビュー

SD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダム 素組み レビュー

SD 三国創傑伝より、張飛ゴッドガンダムの素組みレビューです。

2019年4月現在、なぜか日本国内ではガンダムベース東京のみの販売となっています。

4月27日に再入荷予定のようです。

定価600円(税別)ですが色分けはかなり頑張っている印象です。

背中は少し寂しいですね。

SD 三国創傑伝シリーズは共通の胴体、股関節、太ももをベースにキャラクターごとのパーツを組み合わせる形式のようです。

シールは目、メインカメラ、アンテナの赤、肩の黄色、フロントアーマー中央の赤が付属しています。

ゴッドガンダムの意匠が見て取れる頭部と胸部。

組み立てるまで気が付きませんでしたが、ちゃっかり髭があります。

首がやや長すぎる印象です。

特徴的な腕の赤いクリアパーツは劉備ユニコーンの武器、関羽雲長νの肩部装甲と合体して武器にすることができるようです。

後頭部の黒いパーツは肉抜き有りです。

後ろ側はゴールドで塗り分ける必要があります。

肘は可動部なしの一体成型で、成型色が青いので白が大分足りません。

膝関節は可動します。

内側はガッツリ肉抜きありです。

サイドアーマーは2パーツ構成ですが、これだけ色分けされてると見た目が良いですね。

脚を上げるとサイドアーマーが結構干渉してしまいます。

 

スポンサーリンク

蛇矛

蛇矛(だぼう)

矛は中央部の肉抜きを埋めるためのパーツと合わせて、2パーツ構成になっています。

肩に引き出し機構があります。

張飛ゴッドは投げて使用することも多いんだとか。

蛇矛は背中にマウントすることが出来ます。

シェンロン?

爆裂炎翔拳

炎のごとく荒ぶるエネルギーを両手に纏い、全力で相手に打ち込む必殺の打撃とのこと。

説明書では蛇矛持ってる写真に解説が付いていますが、名前とゴッドガンダムモチーフ的に拳でしょう。

SD 三国創傑伝 張飛ゴッドガンダム

新シリーズとしてスタートした三国創傑伝。

安価な値段にも関わらずクリアパーツ多様で色分けされた部分も多く、結構頑張っている印象です。

可動も共通の胴体で腹部や頭部、肩の引出しなど良い感じです。

張飛ゴッドガンダムは腕のクリアパーツがカッコいいですね。

惜しむらくは国内が現状ガンダムベースのみということです。

関連記事:SD 三国創傑伝 張郃アルトロンガンダム 素組み レビュー
関連記事:SD 三国創傑伝 孫策アストレイガンダム 素組みレビュー

スポンサーリンク