PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ & フェンリル レビュー

PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ & フェンリル  レビュー

軽くなった気がする

引きずりすぎて…すり減ったかな

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDRENより、PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ&フェンリル のレビューです。

旧プレイアーツから10年以上経て、プレイアーツ改としてバージョンアップしてリリースされました。

クラウドはガニ股気味にしないとシートに腰を下ろせないような気がします。

それにしてもデカイ!重い!

クラウド

以前に発売された単品版とそう変わらないように見えます。

頭を取り外してゴーグルを首にさげることが出来ます。

ゴーグルを装着した顔は頭部を交換する形式です。

レンズはクリアパーツなどではなく、塗装で再現されています。

クラウドが使用した携帯電話が付属しています。

実際に発売されていたP900iVがモデルですが、付属の物はシルバーがホワイトに変更されていました。

中もしっかりと造形、塗装されています。

折りたたみなどのギミックはなく、持ち手が写真のもの1つでクラウドの耳元までもっていくのは難しそうでした。

スポンサーリンク

フェンリル

旧プレイアーツと同じく前輪を左右に傾けることが出来ます。

スタンドは後ろに可動します。

一応スタンドなしでも直立しますがフェンリル自体に重量があるので、タイヤが回転して移動してしまいます。

ハンドルは若干前後に可動します。
前輪との連動などはありません。

ボディのブラックは艶ありで、メカニカルな部分はメタリック塗装が綺麗に施されています。

残念ながら私の個体は瞬間接着剤が付着したような跡や、接着剤が白化した部分が何箇所もありました。

発光ギミック

フェンリル底面のボディを取り外すと電池ボックスとスイッチがあります。
電池はLR44を3個使用します。

スイッチを入れるとヘッドライトとテールライトが発光します。

結構光ってくれます。

合体剣収納

車体横のボディを取り外し、ボディ横のカバーを上部に差し替えてからラックを挟み込みます。

ボディの取り外しがかなり固くて、折れないか心配でした。

塗装で厚みが増すところまで計算されていないのか、取り付けがかなりキツいです。
ラックとボディ横は奥まできちんと嵌らない造りなんでしょうか?

ラックの上部が柔らかいので破損に注意が必要そうです。

どういう順番で収納されているか等の説明はありませんでした。

剣の収納は意外とタイトなので刀身の塗装ハゲが心配です。

劇中はどうやって収納してるんでしょう。
そんな野暮なツッコミはフェンリルのカッコよさの前には無用!
 

スポンサーリンク

クラウド & フェンリル

指2本をブレーキにかけた手が左右で付属しています。

ファースト剣の閉じた状態が新規で付属しています。

フェンリルの車体横を着ければ傾けて飾ることもできます。

展開状態のファースト剣も含めて、合体剣の各種が付属しています。

剣をホルスターに収納した状態でも搭乗可能です。

左腕を丸々交換することで、袖を引きちぎった状態に変更できます。

合体状態が1本付属します。

剣はそれぞれ合体分離は一切できません。

& ティファ

頑張ればプレイアーツ改のティファを後ろに乗せることができます。


PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ & フェンリル

プレイアーツ改でAC版クラウドが発表されてから、まだかまだかと待ち望んでいた商品がいよいよ発売されました。

とんでもないボリュームと合体剣の収納ギミックなど、以前から大幅にパワーアップしたフェンリルとなっています。

ゴールドの塗装が綺麗なのですが、接着剤跡などは検品で弾いてくれよ…という印象はあります。
説明書は付属しておらず、パッケージの内側に印刷されています。
ここは説明書を別途用意して欲しかったです。

クラウドの付属品も増えて、まさに完全版といったアイテムになっています。

ちなみにパッケージがかなり大型で、カートン入り数が1個なのでメーカーダンボールで配送されました。
四隅は緩衝材が取り付けてあるので、パーッケージ破損は滅多にない無さそうです。

 

スポンサーリンク