METAL BUILD M9 ガーンズバック Ver.IV レビュー

METAL BUILD M9 ガーンズバック Ver.IV レビュー

フルメタル・パニック IVより、 METAL BUILD M9 ガーンズバック Ver.IVのレビューです。

一般販売されたMETAL BUILD アーバレストをベースに、一部新規造形となっているようです。

肩のシールドはボールジョイント接続で可動します。

リアアーマーは差し替えで兵装維持アームに変更することが出来ます。

 

スポンサーリンク

頭部

ゴーグルの下の造形にメタリック塗装で妖精の目を再現しているそうです。

マオ機の頭部が別個で付属しています。

ECS発動状態

アーバレストとほぼ同じ箇所を展開させます。

肩アーマーが異なるので新規はここくらいでしょうか。

対戦車ダガー、ハンドグレネード収納

こちらもアーバレストと同じ機構です。

背中のメンテナンスハッチやコックピットなども、アーバレスト同様展開可能です。

単分子カッター

鞘はリアアーマーの兵装維持アームや、腿のアタッチメントにマウント可能です。

単分子カッター(長)

鞘に収めることができます。

持ち手のグリップ力はいまひとつといいったところです。

刀身にもう少しボリュームが欲しかったですね。
スタンドはアーバレストと同じもので、浮かせて使用するには安定性に欠けます。

GEC-B 40mmライフル

M9の標準装備といった印象の強いライフル。

肩の引出機構のおかげで両手持ちがしっかりと出来ます。

マガジンを横に連結することが出来ます。

AS用拳銃

左肩のシールド内側パーツを差し替えると収納することが出来ます。

グリップは展開式です。

なんだか色々あっさり目な印象を受ける装備です。

ボフォース57mm滑腔砲

個人的に一番カッコいいと思った装備です。

ケーブルは腿のジョイントに差し込みます。ケーブル無しでも装備可能です。
その際、滑空砲側のジョイントは収納できます。

ちなみにバイポッドが可動します。

ジャベリン 超高速ミサイル

グリップ根本が可動してマウントしやすくなっています。

弾頭を中にセットする仕様になっています。

76mm狙撃砲

クルツ機の装備。

頭部に引き出し機構があり、かなり上を向けるようになっています。
なので伏せて狙撃ポーズをとらせることが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

ヴァーサイルII 多目的ミサイル

こちらもグリップの根本が可動するのでマウントさせやすいです。

センサーのグリーンとレッドはメタリック塗装になっています。

武器持ち手を使えば、持ち運んでいるような感じで飾ることができます。

肩背面武器マウント

差し替えで左のようにマウント部がせり出したも物に変更することができます。

これにより付属の装備を背面にマウントすることが出来ます。

折り畳んだ76mm狙撃砲。

超高速ミサイルはジョイントパーツを使用してマウントさせます。

ディスプレイスタンド

写真では装備類しかアタッチしていませんが、持ち手などほぼ全ての付属品をディスプレイスタンドに集約することが出来ます。

設定とは異なるますが、これはこれでカッコいいですね。

METAL BUILD M9 ガーンズバック Ver.IV

パッケージ裏に究極のガーンズバックという表記がありますが、それに恥じないだけの完成度ですね。

肩アーマーが少し外れやすいくらいで、ほとんど文句が付きません。

2個買う余裕はありませんでした…。
装備が多数付属していると、どれを持たせるか悩むところです。

ファルケは流石に…望み薄ですかね。

 

スポンサーリンク