METAL ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ レビュー

METAL ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ レビュー

METAL ROBOT魂 ウイングガンダムゼロのレビューです。

スタイルは今風の細身ではなく、劇中や設定画よりの太目の体型となっています。

ツインアイがシャープ目な印象を受けます。

胸部のレンズ状のパーツはクリアパーツ製で、内部のディテールを確認することができます。

胸部のダクトを展開することが出来ます。

ウイング内部も造形、塗装がされています。

本体のブルーは半ツヤのような、やや光沢のある仕上げとなっています。

黄色はイエロー感の強いメタリックゴールドです。

台座のベースにはZERO SYSTEMのロゴがプリントされています。

立膝も可能です。

平手の掌は非常にシンプルな造形となっています。

 

スポンサーリンク

シールド

シールドはジョイントパーツを介して腕に取り付けます。

伸縮ギミックがあります。

グリーン部はクリアパーツが使用されています。

伸縮部に瞬着が白化したような痕が…

ビームサーベル

ビームサーベルは肩に収納しています。

マシンキャノン

マシンキャノンはバレルを回転させることで展開します。

ツインバスターライフル

ツインバスターライフル連結用のツメはねかせて収納しています。

他にもグリップの収納、ロック機構があります。

シールドを装備した状態でもツインバスターライフルを保持することが出来ます。

ツインバスターライフル内側のツメを起こして連結します。

ツインバスターライフルはグリップのロック機構により、片手保持でもグリップが垂れ下がることがありません。

ただし、手首が負けてしまうので片手保持は魂STAGEの使用が推奨されていました。

全体的に関節が硬めなので、ツインバスターライフルの重量に負けるのは手首くらいでした。

ツインバスターライフル両手持ち用に胸部の引き出し機構があります。


羽根やツインバスターライフルのせいか、腹部の前後可動はほぼありませんでした。

ネオバード形態

差し替え無しでネオバード形態に変形させることが出来ます。

ウイングゼロ本体にはネオバード形態のロック機構はなく、スタンド用のパーツで腹部、股関節をホールドするような形になります。

METAL ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ

どちらかというとごつめのスタイルでのMETAL ROBOT魂化でした。

各関節は硬めに調整されており、ツインバスターライフルのグリップロック機構や胸部の引き出しなど、ウイングゼロへのこだわりを感じるアイテムでした。

リアスカートがボールジョイントで外れやすいのと、股関節下のスタンド接続が外れやすいのがストレスでした。

エピオン、デスサイズも楽しみですね。

icon

iconiconiconicon

スポンサーリンク

METAL ROBOT魂カテゴリの最新記事