METAL BUILD ガンダムエクシアリペアIV レビュー

METAL BUILD ガンダムエクシアリペアIV レビュー

プレミアムバンダイにて販売された、METAL BUILD ガンダムエクシアリペアIVのレビューです。

セブンソードのコンセプトを継承し、7本のソードを携行しています。

胸部コンデンサ内部の”RIV”の文字が確認できます。

疑似太陽炉とのころで、背中はGNタチのマウント部になっています。

右肩の白いパーツは展開させることが出来ます。

第6世代ガンダム用の腕となった左腕はメタリック塗装となっています。

スタンドのベースに手書きの"GRAHAM GUNDAM"の文字がプリントされています。

 

スポンサーリンク

GNシールド

クアンタ同様展開することが出来ます。

GNベイオネット

腰に携行しているベイオネットはライフルモードとソードモードの2形態があります。

ライフルモード

グリップを可動させるだけでライフルモードになります。

ソードモード

ソード部分は短めです。

腰のマウント部はアーム式で可動します。

GNバトルブレイド GNバトルソード

シールドに2本ずつ携行している、GNバトルブレイドとGNバトルソード

GNバトルソード

刃先が従来の物と異なり、刀のような形状になっているのが面白いですね。

GNバトルブレイド

ブレード部はベイオネットと同程度で短めです。

GNタチ

GNタチはエクシア リペア4の装備で最大のボリュームを誇ります。

GNバトルソードと同様に、ソード部分が刀状になっています。

背中のGNタチのマウント部は可動するので、抜刀ポーズがとりやすくなっています。

METAL BUILD ガンダムエクシアリペアIV

新作がどのように展開されるのか不明なまま、グラハムガンダムがMETAL BUILD化となりました。

エクシアにクアンタの要素+新世代のガンダムの腕という、なんとも面白いデザインですね。

可動は良好ですが、スタンド用の追加ジョイントパーツが使い物にならず、従来品と同じ使い方のほうが安定しました。


あみあみ予約可(7/31):METAL BUILD フリーダムガンダム CONCEPT 2

スポンサーリンク