ROBOT魂 ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC レビュー

ROBOT魂 ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC レビュー

ROBOT魂 ガンダムF91 EVOLUTION-SPECのレビューです。

ROBOT魂 ガンダムF91が10年の時を経てリニューアルとなりました。

特設サイトによると外装はほぼABSということで、シャープでカッチリした造形となっています。

肩アーマーのフィンは収納状態がセットされています。

差し替えにより展開状態を再現できます。

脹脛のスラスターは差し替え無しで展開できます。

スラスター部分が白いのが少し気になります。

今回、スタンド取付ジョイントは股関節の後ろからスライドして差し込む方式に。

 

スポンサーリンク

フェイスオープンパーツ

頭部をまるごと交換します。

通常状態はへの字のスミ入れがありますが、こちらは何もないので少しのっぺりした印象を受けます。

ビーム・ライフル

持ち手に対してグリップが少し小さいのか、保持力がやや甘い感じです。


ビームライフルのセンサー部は塗装されていませんでした。

ビーム・シールド

腕に装着されている発生機を取り外し、アーム、ビームシールドエフェクトをセットします。

エフェクトはPET材で発生機に取り付けられた物が付属し、ボールジョイント接続となります。

右サイドアーマーに予備の発生機が収納されています。

ビーム・シールド投擲

ビーム・ランチャー

グリップが可動します。

脇に抱えることも出来ます。

担ぐとヴェスバーと干渉しがちです。

ROBOT魂 ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC最大の欠点は腿をあげようとすると、フロントアーマーが干渉して吹っ飛んでいきやすいことです。

股関節のスイング機構があるにも関わらず、フロントアーマーのスペースに余裕がないので干渉しやすいです。

リアアーマーのアタッチメントを展開することで、ビーム・ランチャーをマウントすることが出来ます。

ヴェスバー

レールをスライドさせ前方へ、展開、グリップとフォアグリップの引き出しが可能です。

やや窮屈ではありますが、持ち手でグリップをホールドすることができます。

  腰と腹部のボールジョイント可動により、綺麗に飛行ポーズととらせることが出来ます。

ビーム・サーベル

持ち手はビーム・ライフル、ビーム・ランチャーと共通となります。

左サイドスカートにビーム・サーベルが収納された造形がされています。

ビーム・サーベル回転用の手首

サーベル発生部のミゾにPET材のエフェクトをはめ込みます。

最大稼働

フロンスカートが干渉しない範囲でポーズつければカッコいいんですけどね。

ROBOT魂 ガンダムF91 EVOLUTION-SPEC

造形がカッチリしていてカッコいいんですが、如何せんフロントアーマーの干渉が残念です。

EVOLUTION-SPECと銘打った割に痛い失点です。

次はクロスボーンのようですが、F91のようなことにならないと良いのですが…

スポンサーリンク