METAL BUILD ガンダムデュナメスリペアIII レビュー

METAL BUILD ガンダムデュナメスリペアIII レビュー

METAL BUILD ガンダムデュナメスリペアIIIのレビューです。

ガンダムデュナメスをベースに背中、フロントアーマー、リアスラスターが変更されています。

METAL BUILD化にあたり、元イラストからモールド、マーキングが適度に追加されています。

アンテナがスライドし、額のセンサーを露出させることができます。

擬似太陽炉搭載機となり、背中からシールドを懸架するアームが伸びています。

肘のコンデンサ内にもマーキングがあります。

フロントのスラスター炉心は裏側の突起をスライド、リアスラスターはカバーの展開に連動してせり出します。

膝アーマーにはGNミサイルが内蔵されています。

 

スポンサーリンク

GNシールド

背中のアームから両端にバインダーでダブルオーライザー感もあります。

アームがフレキシブルに可動し、シールドを機体前面に展開することができます。

デュナメスのGNフル・シールドを想起される形態です。

シールドはそれぞれソレスタルビーイングのマーク、リペア3と別々のマーキングが施されています。

見本写真と比較すると左右逆に取り付けてしまいました。

前面がせり出し、GN粒子放出状態を再現できます。

ヴァーチェのGNキャノンのようなギミックですね。

GNフィールド展開可能とのこと。

GNキャノン展開状態

差し替え無しでキャノンを展開することができます。

砲身はメタリック塗装。

リアスラスターがド派手で干渉しやすいですが、立膝も可能です。

組み換えにより大型シールドにすることができます。

GNシールドは腕に装備することも可能です。

キャノン形態と大型シールド形態

両腕GNキャノン

ナドレがヴァーチェのGNキャノン装備したような感じになりますね。

シールドを腕に装備する際は専用のジョイントパーツを使用します。

このGNシールドをエクシア10th Anniversaryに装備させるためのジョイントも付属していました。

GNビームサーベル

リアスラスターの裏側にGNビームサーベルを装備しています。

リアスラスター裏には左右で接続穴があり、ビームサーベルとGNバズーカを懸架するためのアームの選択式となっています。

肩に引き出し機構があります。

GNバズーカ

GNバズーカは背中のアーム、リアスラスターのアームに懸架することができます。

GNバズーカと腕のアタッチメントに接続するジョイントパーツが付属するため、大型の装備でありながらしっかり保持することができます。

GNバズーカ側面のグリップが展開し、両手で保持することができます。

GNバズーカ バーストモード

GNバズーカ各部が展開し、バーストモードを再現できます。

GNバズーカの銃床を胸のコンデンサに接触させるため、コンデンサを覆う装甲が展開します。 GNバズーカやシールドを支える支柱が2つ付属していますが、今のところは支え無しでも保持できました。

METAL BUILD ガンダムデュナメスリペアIII

ガンダム00 Festival 10 “Re:vision”から早くも2体目のMETAL BUILD化となりました。

しかも元機体のデュナメスを差し置いて。

GNシールドが立体映えするギミックを多数搭載しており、非常に遊び甲斐があります。

機体本体はデュナメス、カラーリングと武装はバーチェで両方の特性を併せ持つ面白い立体物です。

全体としてはリアスラスターが外れやすいのが気になる程度で良く出来ています。

ダブルオー好きにはオススメの一品です。

関連記事:METAL BUILD ガンダムエクシアリペアIV レビュー

icon
icon

スポンサーリンク