METAL BUILD ダブルオーライザー デザイナーズブルー Ver.  レビュー

METAL BUILD ダブルオーライザー デザイナーズブルー Ver.  レビュー

TAMASHII NATION 2019 開催記念商品、METAL BUILD ダブルオーライザー デザイナーズブルー Ver. のレビューです。

関連記事:METAL BUILD 10th Anniversary トランザムライザー Full Particle ver. レビュー

関連記事:METAL BUILD デスティニーガンダム SOUL RED Ver.

白と青にはスプリッター迷彩が施されています。

頭部は精巧に作られていますが、ゲート跡が少し気になります。

ダイキャストパーツや腹部等の赤は、青味がかったカラーリングとなっています。

関節部のブルーが気がかりでしたが、手にするとそれほど気になりませんでした。

 

スポンサーリンク

GNソードII

GNソードIIはサイドアーマーにマウントすることができます。

ライフルモードでは前腕のジョイントに固定するので、しっかり保持することができます。

差し替え無しでソードモードに変更できます。

ジョイントパーツを使用するこで連結することができます。

シールド

シールドはGNドライブ基部に固定することができます。

シールドにもスプリッター迷彩が施されています。

差し替え無しで連結することができます。

ビームサーベル

基部が可動します。

ビームサーベルの刃はクリアパーツにパール調の塗装がされているような見た目です。

オーライザー

オーライザーにもスプリッター迷彩が施されています。

差し替え無しでランディングギアを展開することができます。

GNビームマシンガンを展開することができます。

機体の下部にGNソードIIIをマウントすることができます。

ダブルオーライザー

ドッキングにはダブルオーの背中の接続部カバーを取り外し、専用のGNドライブに付け替える必要があります。

GNドライブを回転させることでバインダーの向きを変更できます。

クリックがはいっているので、保持も問題ありません。

オーライザーの最後部を展開させることができます。

  関節は少し柔らかいかなという印象ですが、特に問題ありませんでした。

GNソードIII

ソードのクリアパーツは明るめの色合いです。

差し替え無しでソードモードへ移行できます。

ダブルオーライザー 粒子貯蔵タンク型

GNドライブから粒子貯蔵タンクへ差し替えます。

オーライザーのクリアパーツも差し替えます。

こちらにもスプリッター迷彩が。

METAL BUILD ダブルオーライザー デザイナーズブルー Ver.

シリーズ最初期のダブルオーですが、今見ても十分通用する完成度です。

各部のスプリッター迷彩と落ち着いた印象を受けるカラーリングもなかなか良い感じです。

iconicon
icon
icon

スポンサーリンク