ネクスエッジスタイル Ex-Sガンダム レビュー

ネクスエッジスタイル Ex-Sガンダム レビュー

ネクスエッジスタイル Ex-Sガンダムのレビューです。

バックパックがかなりのボリュームため、自立は出来ませんでした。
後ろから支柱で支えています。

プロペラントタンクと胸部のIフィールドジェネレーターは取り外せます。
Iフィールドジェネレーターは被せているだけなので少し外れやすくなっています。

肩の羽は角度を変更することができます。

個人的にHGUCのEx-Sが一番見慣れているので、プロペラントタンクを装備していない姿がしっくりきます。

塗装が省略される箇所の多いネクスエッジですが、リアアーマーの羽の赤も塗り分けられています。

頭部はかなり格好良くまとめられています。
カメラアイと額のセンサーはメタリック塗装です。

インコムは取り外しできません。

首は胴体と頭部のボールジョイントで接続されているため、意外と可動します。

各所にアレンジディテールがあります。

リフレクターインコムも取り外し不可です。

バックパックの内側やブースター内にもモールドがあります。
テールスタビレーター、左右バックパックが可動します。

プロペラントタンクを装備するとさらにボリュームがアップします。

 

スポンサーリンク

ビーム・スマートガン

Ex-S側のパーツを付け替えることによってビーム・スマートガンのアームを本体に接続できるようになります。

平手はやや外向きの角度がついています。

アームはほぼ可動しないのでビーム・スマートガンは手で保持する形になります。

ビーム・スマートガンを脇に挟むと二の腕が外れやすくなってしまいます。

レドームのセンサーは塗装されていませんでした。

肩の引出機構がありますが、あまり活用することはなさそうです。

大腿部ビームカノン

大腿部ビームカノンは可動して前を向けることができます。

背部ビームカノン

バックパックのビーム・カノンは4本とも可動します。

ビームサーベル

ビームサーベルが2本付属します。手に持たせる際、だいぶキツかったです。
刃はメタリック塗装になっています。

VS ガンダムMk-V

ネクスエッジスタイル Ex-Sガンダム

シリーズ中でも屈指のボリュームとなったEx-Sですが、満足度も中々となっています。

塗装は省略されている箇所もありますが目立つ部分は色分けされていますし、左肩にGUNDAM Systemがプリントされているのは嬉しいですね。

デフォルメ具合とアレンジディテールもハマっているのでEx-S好きにはオススメのアイテムです。

関連記事:ネクスエッジスタイル ガンダムMk-V レビュー

スポンサーリンク