METAL BUILD DRAGON SCALE 紅蓮聖天八極式 レビュー

METAL BUILD DRAGON SCALE 紅蓮聖天八極式 レビュー

プレミアムバンダイにて販売された、METAL BUILD DRAGON SCALE 紅蓮聖天八極式のレビューです。

ROBOT魂やMETAL ROBOT魂より大きいため、各所にアレンジ、モールドが加えられています。

各所にダイキャストが使用され、エナジーウイングを展開していない状態でもかなり重量があります。

全体的に非常にシャープに造形されています。

目はメタリックカラーで塗装されています。

首元に黒の騎士団のエンブレムのモールドがあります。

起動前の頭部カバーが閉じた状態を差し替え無しで再現できます。

胸部の'目'はクリアパーツ製となっています。

コックピットカバーが開閉します。

シート等リアルに造形されています。

腹部の装甲が展開します。

飛翔ユニット根本のカバーを外すと、スタンド用の固定部が露出します。

保持力がイマイチでMETAL BUIL 紅蓮聖天八極式最大の欠点です。

カバーを外すとゲフィオン弾が露出します。

右腕に目を奪われがちですが、左腕もなかかか禍々しいデザインです。

ランドスピナーが展開、根本が左右に可動します。

タイヤも回転させることができます。

膝の可動に装甲が連動します。

太ももに横ロール可動が追加されています。

左手に手刀状の手首が付属しています。

スポンサーリンク

飛燕爪牙(スラッシュハーケン)

飛燕爪牙の接続部が回転します。

動かしていると飛燕爪牙が外れやすい気がします。

飛燕爪牙は差し替え無しで射出形態を再現できます。

差し替えのワイヤーが付属しています。

飛燕爪牙を支えるためのアームが2本付属しています。

エナジーウイング

ウイング展開状態へ差し替えます。

付属の収納状態では考えられないボリュームになっています。

エナジーウイングのクリアパーツは片側2枚構成となっています。

先端が非常に鋭利です。

オリジナルのディテールが追加されています。

中央のアームは連動して可動します。

エナージーウイング根本にはロック機構があり、垂れ下がる事はありませんでした。

一応、突撃形態っぽく展開することができました。

首の根本にも可動があり、上方向の可動範囲が広くとられています。

メーザーバイブレーションソード

MVS化された呂号乙型特斬刀

刀身はメタリック塗装で、可動部が追加されました。

輻射推進型自在可動有線式右腕部

掌中央にはクリアパーツが使用されています。

各指の第一関節が可動します。

射出状態を再現する差し替えパーツが付属しています。

右腕部をディスプレイするためのアームが付属しています。

右腕部展開状態 肩の付け根を引き上げることで、連動して胸部の目元が引き上がります。

わかりづらいですが写真左側です。

差し替えでワイドレンジ射撃状態を再現できます。


スラッシュハーケンを外せば、右肩を横に水平近くまで上げることができます。

METAL BUILD DRAGON SCALE 紅蓮聖天八極式

造形と可動はメチャクチャ良いのですが、各所がトゲトゲで刺さって痛いです。

スタンドと本体の固定がイマイチな点、コックピットブロックとエナジーウイングユニットが少し外れやすいため、

飛行状態でのディスプレイに不安が残ります。

本体が非常に良いだけに少し勿体ないかなという印象です。

結果的にエナジーウイング非展開状態でのディスプレイが一番良さそうです。

それでもカッコいい。

スポンサーリンク

METAL BUILDカテゴリの最新記事