METAL ROBOT魂 蜃気楼 レビュー

METAL ROBOT魂 蜃気楼 レビュー

METAL ROBOT魂 蜃気楼のレビューです。

ROBOT魂版よりも劇中寄りのプロポーションに変更されています。

METAL ROBOT魂ランスロット・アルビオンと同様にメッキが使用されており、豪華な見た目になっています。

頭部にはクリアパーツが使用され、内部メカを確認することができます。

肘や膝はメッキの他に、エッジはゴールド塗装など細かな塗り分けがされています。

コックピットが開閉し、カバー内側のモニターも再現されています。

ランドスピナーを展開することができます。

思ったよりも接地性があります。

肩の付け根が内側に可動するので、初登場時のように腕を交差させることができます。

専用のスタンドが付属します。

ただ蜃気楼のような脚をクロスさせるような機体では干渉してイマイチです。

フロートユニットの下部にジョイントを取り付けます。

ジョイントは魂STAGEでも使用することができます。

 

スポンサーリンク

拡散構造相転移砲

胸部を展開することで拡散構造相転移砲の発射状態を再現できます。

結晶体がクリアパーツで綺麗です。

結晶体は取り外すことができます。

残念ながらディスプレイ用の結晶体は付属しません。

ハドロンショット

腕部に内蔵されたハドロンショットを差し替えなしで展開することができます。

左腕にも内蔵されています。

スラッシュハーケン

膝裏に収納されています。

収納状態もメッキが施されていますが、先端が鋭利で取り付けには注意が必要です。

射出状態

メッキ加工されています。両膝分付属しています。

絶対守護領域

計8個のエフェクトを組み合わせてディスプレイできます。

バリアエフェクトの連結ジョイントが3個付属しますが、もっと長さの違うジョイントも付属させてほしかったです。

取り付け用のジョイント5個のうち3個折りました。

説明書下 2の指示のようにはめ込まずに、上の1の段階でスライドさせて取り付けることをオススメします。

説明書間違ってませんか?

フォートレスモード

手首を取り外すのみで、あとは差し替え無しで変形することができます。

腕と脚はジョイント接続等の位置固定がありません。

フレイヤ・エリミネーター

携行状態ジョイントを使用してフォートレスモードに取り付けることができます。

展開状態も付属しています。

劇場版でモザイクカケラが流れる演出が印象的でした。

持ち手が付属しているので蜃気楼に保持させることもできます。

METAL ROBOT魂 蜃気楼

ランスロット・アルビオン、紅蓮聖天八極式に続き、蜃気楼までMETAL ROBOT魂化で感無量です。

ROBOT魂版からかなりの進化で拡散構造相転移砲の結晶体クリアパーツ化等々、見た目がかなり良くなっています。

個人的に絶対守護領域のエフェクトは隙間ができてしまうので、ROBOT魂版の方が好きでした。

今回のエフェクトは塗装が綺麗なんですけどね。

関連記事:METAL ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロット・アルビオン  レビュー
関連記事:METAL ROBOT魂 紅蓮聖天八極式 レビュー

スポンサーリンク