ROBOT魂 紅蓮弐式(甲壱型腕装備) レビュー

ROBOT魂  紅蓮弐式(甲壱型腕装備) レビュー

コードギアス 反逆のルルーシュ R2より、ROBOT魂 紅蓮弐式(甲壱型腕装備)のレビューです。

 

スポンサーリンク

 

以前発売されていたROBOT魂 紅蓮弐式に甲壱型腕を追加した、実質再販といったところでしょうか。

KMFの中でも独特のプロポーションが再現されています。

本体色の赤や胸のイエローは艶あり仕上げになっています。
ランドスピナーは差し替え無しで展開でき、カカトはそれぞれ独立して可動します。

首はボールジョイントで、首の根元が前後に可動します。
目はメタリック塗装になっています。

待機状態の頭部を収納した状態は再現できません。

オフシュートと比較すると股関節や腰、腹部の可動範囲が大幅にアップしました。

コックピットブロックの下部にスタンド用の穴があります。

甲壱型腕

今回の主兵装。
三本のツメはそれぞれ独立して可動します。
肘にあたる部分が展開でき。さらに肘から下の部分も伸ばすことができます。

サザーランドの頭部を掴めます。

飛燕爪牙

胸部のカバーを外してから装着します。
ワイヤーは自由に表情をつけられます。

グレネードランチャー

あまり使用していた印象のない装備ですね。

紅蓮弐式

右腕を差し替えれば1期に登場した紅蓮弐式にすることができます。

こちらも甲壱型腕同様の展開機構と、ツメがそれぞれ独立して可動します。

呂号乙型特斬刀

専用の持ち手が付属しています。

ROBOT魂 紅蓮弐式(甲壱型腕装備)

実質値上げ再販の感が強いですが甲壱型腕も悪くありません。

紅蓮はオフシュート以来でしたが装甲の質感や、可動範囲がアップしていて遊び甲斐がありました。

今では割引率高めで販売されていることが多いのでオススメです。

 

スポンサーリンク