ROBOT魂 RX-78GP02A ガンダム試作2号機 ver. A.N.I.M.E. レビュー

ROBOT魂 RX-78GP02A ガンダム試作2号機 ver. A.N.I.M.E.   レビュー

ROBOT魂 RX-78GP02A ガンダム試作2号機 ver. A.N.I.M.E. のレビューです。

関連記事:ROBOT魂<SIDE MS> ROBOT魂 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ver. A.N.I.M.E. レビュー

サイサリスのガッチリした体型が再現されています。

ver. A.N.I.M.E.化によるアレンジは1号機と比べると控えめな印象です。

色合いはグレーを基調とした落ち着いたカラーリングに仕上がっています。

他にない特徴的な頭部が再現されています。

アンテナは予備が1本付属しています。

バルカンの塗装は細かいのにもかかわらず、しっかり塗り分けられています。

顎の両脇にセンサー?がついています。

MGにあったバックパックに核弾頭を収納するギミックはありません。

バインダーの内側にもしっかりモールドがあります。

フロントスカートの中央部を若干前に展開することにより、前屈する際の可動範囲を確保します。

バインダー先端を曲げると内側のスラスターが連動して展開します。

肩とバインダーの接続部はフレキシブルに可動します。

スラスターエフェクトは2個しか付属しません。

バインダーのスラスターで使用する6個は欲しかったところです。

 

スポンサーリンク

シールド

シールドの内側にアトミックバズーカの砲身を収納することが出来ます。

シールドはグリップのみで保持する形になります。

腕が重みに負けるということはないのですが、握り手のグリップ力不足で安定しません。

太い図体ですが股関節のスイング機構などにより、立膝も可能です。

ビームサーベル

サードアーマーに収納されている柄を抜いて使用します。

サーベルの刃は1号機と同じ物です。

湾曲した刃も付属しています。

高出力モードの刃が一本付属しています。

1号機ではビームライフルエフェクトとして付属していた物と同じようです。

アトミック・バズーカ

シールドのロックを外して砲身を取り出します。

右肩後部に接続されている基部を起こします。

基部と砲身を接続し、スコープを展開して完成です。

アンテナとアトミック・バズーカが近いのでアンテナの破損に注意が必要です。

スコープ越しの射撃ポーズは難しいかも?

肩のジョイントを外すとスコープと頭部を近づけることが出来ます。

ジョイントを外してもアトミック・バズーカをしっかり保持することが出来ます。

シャアザクに付属のバズーカエフェクトが使用できるようです。

VS 1号機

1号機に付属のつばぜり合いエフェクトを使用することで対決シーンを再現できます。

どちらかというとフルバーニアンで使いたいエフェクトですね。

ROBOT魂 RX-78GP02A ガンダム試作2号機 ver. A.N.I.M.E.

1号機と比べるとやや間延びした印象を受けますが、見た目によらず可動範囲が広くなっているので良い感じです。

シールドの保持はあと一歩と惜しいところでした。

どうせならシールドのグリップと一体化の手首を付属させてくれれば完璧だったのですが…

 

 

スポンサーリンク