icon icon

METAL ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロット・アルビオン  レビュー

METAL ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロット・アルビオン  レビュー

METAL ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロット・アルビオンのレビューです。

関連記事:METAL ROBOT魂 紅蓮聖天八極式 レビュー

胸部や脚部、椀部に施されたゴールドメッキが目を惹きます。ホワイトもパール塗装になっているので見た目が非常に美しくなっています。
METAL ROBOT魂なので、肘や股関節、腰にダイキャストが使用されているので、豪華さアップに一役買っています。

 

スポンサーリンク

 

プロポーションも良好で、個人的にはランスロットから比べて肩アーマーがカッコよくなっていて好みです。

頭部のゴールドは塗装になっています。
胸や脚の赤はクリアパーツが使用されいます。
頭部はランスロットに比べ、ボリュームアップした印象でこれもまたカッコ良いですね。

エナジーウイング収納形態
モールドが追加され、肩アーマーの内側にも気配りされています。
ランスロット・アルビオンはMVSの鞘にジョイントが無いので、肩アーマーと干渉する事があります。
ROBOT魂版からなので、残念ながらデザイン上の宿命ですね。

コックピットを開くと連動してシートがせり出します。

スーパーヴァリスはコックピットブロックの下部にジョイントを接続することがマウントすることが可能です。
このジョイントには3mm穴があり、付属のスタンドを使用する際にも使います。

ランドスピナー
ランスロットと異なり外側に展開するジョイントがなく、足からボールジョイント接続です。
ランスロット・アルビオンはほぼ飛んでいたので、見た目優先ということでしょうか。

エナジーウイングは差し替えです。
アームには可動部が複数設けられており、一部はクリックが入っています。
ウイング先端は非常に鋭利で取扱に注意が必要です。

スーパーヴァリスは差し替えなしで4つの形態を再現することが可能です。
また、今までの立体物と異なり、新たにクリアパーツが使用された部分もあります。
右手:収納時
左手:通常時

右手:ハドロン・モード
左手:フルバースト・モード

頭部を横に向けると襟が干渉し、やや不格好な気もします。
ハドロン・モードやフルバースト・モードで露出する銃口も綺麗に塗装されています。

MVSと通常持ち手
MVSの塗装はROBOT魂 ランスロットの物と変わらないようです。

角度付き持ち手
MVSを斜めに保持することが可能です。

肩アーマーの突起内部のみならず、膝アーマー裏等にもきちんとモールドがはいっています。

ブレイズルミナスは腕のカバーを外して装着します。
ROBOT魂版では再現されず、本編視聴中もこれを立体物で再現するのは難しいか…と思っていましたが、接続部を塗装で隠すという荒業でやってくれました!

エナジーウイング シールド状態
エナジーウイングのアームの可動箇所により、無理なく前面に展開できます。
また可動部の保持力も問題なく、今のところ自重に負けるということはありません。

スラッシュハーケン 4基
こちらは差し替えで再現、腕用と脚用でわかれています。
射出用差替ええる際、収納状態の接続はクリアパーツなので少し注意したほうが良いかもしれません。

スザクの得意技、回転飛び蹴り。
撮影で誤魔化しました…。付属のスタンドで蹴りをカッコよく決めるのは難しそうです。

トリスタン蹴り飛ばし後
流石に蹴り用のブレイズレミナスエフェクトは付属しませんでした。
メッキ加工が美しい仕上がりとなっています。

エナジーウイング収納状態ではよりランスロットらしさが見受けられます。

やはりKMFはランドスピナーで走行してナンボですね。
ROBOT魂 ランスロットで気になっていたつま先可動も追加されました。

最終話のランスロット・アルビオン VS 紅蓮 聖典八極式のダモクレス上の戦闘は、1期の頃の様なアクションでインパクトがありましたね。

METAL ROBOT魂でランスロット・アルビオンと紅蓮聖天八極式を並べると、エナジーウイングでかなり場所をとります。

ROBOT魂から約9年、COMPOSITE Ver.Kaでも発売と意外に立体化される機会のあったランスロット・アルビオンですが、決定版としてMETAL ROBOT魂が満を持してリリースされました。
ランスロット・アルビオンが活躍する映画の3章の公開と同時発売でタイミングもバッチリです。

肩アーマーの内側等、少し見える部分にも気配りがされていて好感がもてます。
不満点としては肘や股関節が固く、ややおっかなびっくりしながら動かさないといけないくらいで製品としては非常に満足度が高いです。
アルビオンといえばエナジーウイングで飛行している印象が強いですが、プロポーションが非常に良いので収納状態でも十分カッコよくなっています。
ガシガシ動かして遊ぶよりは気に入ったポーズでディスプレイしておくだけでも良さそうです。

10月にはMETAL ROBOT魂 紅蓮聖典八極式の発売も決定しました。
SIDE KMFはまだまだ目が離せません。

関連記事:METAL ROBOT魂 紅蓮聖天八極式 レビュー

METAL ROBOT魂 <SIDE KMF> ランスロット・アルビオン ゼロ