メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 一番艦 アンドロメダ 素組み レビュー

メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 一番艦 アンドロメダ 素組み レビュー

宇宙戦艦ヤマト 2202より、メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 一番艦 アンドロメダの素組みレビューです。

 

スポンサーリンク

 

1/1000は値段とサイズから手が出なかったのですが、メカコレでのリリースは嬉しいですね。

ベースを除くと成型色は一色のみで、仕方ありませんがヤマトに比べると少し寂しいですね。

用途はありませんが直立できます。

手のひらサイズでありながら相変わらずのディテールに驚かされます。

デカールが一枚付属しています。

同アンドロメダ級戦艦のアルデバラン、アキレス用の物も印刷されています。

波動砲内にまでディテールがあります、細かすぎる…。

補助エンジン内にもしっかりディテールがあります。

艦橋横はつなぎ目が目立つ形になっています。

後方は中央にバックリつなぎ目がきます。

下部の補助推進装置?は中央部は段落ちモールド処理されていますが、両端はつなぎ目が残ります。
補助エンジン周りもつなぎ目が残ります。

いつものメカコレスタンドなので傾けてディスプレイすることができます。
ですがアンドロメダは重いので、ヘタってくると保持できる角度が限られてきそうです。

主砲

前後2基ずつ設置された主砲は左右に可動することができます。

ただし砲門がかなり細くなっているので、気をつけないとすぐに折ってしまいそうです。
基部を持ってゆっくり動かす事をオススメします。

空母型のアポロノームと

メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級 一番艦 アンドロメダ

税別 700円とメカコレにしてそこそこの値段になりますがパッケージの厚みがあり、ボリューム満載のキットになっています。

最新のメカコレらしくディテール多めでスケール感覚が狂いそうになります。

ムービーエフェクトや1/1000までは…という方にはオススメのアンドロメダになっています。

関連記事:メカコレクション 地球連邦アンドロメダ級三番艦 アポロノーム 素組み レビュー
関連記事:メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト 2202 素組み レビュー
関連記事:メカコレクション 波動実験艦 銀河 素組み レビュー
関連記事:メカコレクション 地球連邦主力戦艦 ドレッドノート級セット2 素組み レビュー

 

スポンサーリンク