SDガンダム クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

SDガンダム クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

SDガンダム クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1のレビューです。本ページでは一部HGUC クロスボーン・ガンダムX1のパーツを使用しています。

 

スポンサーリンク

 

シールは目のみ貼っています。

公式商品ページ

新シリーズ、SDガンダム クロスシルエットの第一弾として発売されたクロスボーン・ガンダムX-1です。
ガンダム、クロスボーン、ナイチンゲールと少し変わったラインナップとなっています。

クロスボーンX-1ではデフォルメ体型を再現するSDフレームのみが付属しています。
SDフレームでは肘と膝関節は可動しない使用になっています。

少し見えづらいですが、腰の上部にリアル寄りなディテールがはいっています。
股関節のフレームに受け軸があるのでアクションベース等が使用できます。

頭部は外れるようになっており、目のパーツを反転差し替えすることで完成後でも瞳の有無を手軽に選択できます。

マスクのフェイスオープンは可動で再現されています。
ここをゴールドにするかグレーにするか、悩みどころですね。

商品見本写真で斜めから見た頭部はマスクの角度がイマイチ納得いかなかったのですが、商品を手にすると気になりませんでした。

胸のクロスボーン・バンガードのエンブレムはあらかじめ造形されていますが、シールも付属しています。

バスターガン
1パーツで再現されていますが、ナイチンゲールと異なり目立った肉抜きはありません。

ビームザンバー
ザンバー本体は同じく1パーツ。
ビームの刃は別パーツで、どちらかというとガンダムXに似合いそうな形状になっています。

上記のバスターガンとビームザンバーを接続するとザンバスターを再現できます。
どこも可動させていませんが、悪くない形状に仕上がっています。

ただし手首のホールドはやや緩めです。

腕に取り付けたビームシールド発生部は取り外して拳に装着できます。

HGUC クロスボーン・ガンダムからビームを拝借すればブランド・マーカーを装備できるようになっています。

もちろんビームシールドも取り付けることが可能です。

発生機は拳に嵌めるだけなので取れやすくなっています。

ビームザンバーの刃もHGUCから拝借!

この形状こそビームザンバー!
刃の接続部が全く同じなので加工する必要は一切ありません。

クロスボーンもナイチンゲール同様、SDにしては色分けが比較的多くなっているように感じます。

たまにアンクルガードが外れるくらいで、他は気になる部分はありませんでした。

組み立て後にフレーム変更を視野に入れている場合は、脚のピンを少し短く切り落としておいた方が良さそうです。
碗部は下からスライドしてはめ込むので心配はありません。

ビーム系のパーツを流用前提に設計されているので、HGUCがある方が本アイテムを楽しめると思います。

全体的なまとまりが良く、上手くデフォルメされたクロスボーン・ガンダムX-1でした。

 

 

スポンサーリンク