ROBOT魂 TYPE-J9 グリフォン レビュー

ROBOT魂 TYPE-J9 グリフォン レビュー

ROBOT魂 グリフォン レビューROBOT魂 <SIDE LABOR> グリフォンのレビューです。

 

スポンサーリンク

 

悪魔的でシャープなデザインとカラーリングが特徴的なTYPE-J9 グリフォンがフライトユニット装備でROBOT魂からリリースされました。

ボディのブラックはテッカテカに仕上がっています。

後ろから見るとフライトユニットのボリュームが凄いです。
普通に立たせるだけなら自立できますが、ポーズをつけるとバランスを取るのが大変です。

シャフト・エンタープライズのロゴがプリントされた魂STAGEが付属するので、こちらを使用すれば問題ありません。

デザイン上足首の接地性はイマイチです。

バイザーはクリアパーツが使用されており内部メカが確認できます。

耳の小さい赤い箇所等、細かい部分でも綺麗に塗装されています。

オプションハンド

まずはやや表情のついた平手です。

鋭い指先と相まって一番似合う手首です。

貫手
頭部のシルエットと貫手だけ見ると零式を連想します。

握り拳

グリフォンの代名詞的なサムズアップハンド
こちらは右手のみです。

2号機ブロークヘッド

よく付属させてくれました!
割れたバイザー、破れたシーリングなど細かく作り込まれています。

可動と外観

立膝もバッチリ決まります。

股関節はボールジョイントではなく、開脚は股間のシーリング部分と太腿アーマーで行います。

フライトユニットの主翼はフレキシブルに可動します。

グリフォンのバイザー自体の面積は大きいですが、顎を引くと鋭い目つきのように見える面白いデザインです

膝アーマーの先端や耳先等はシャープに造形されており、指先で触ると痛いくらいです。

腰アーマーに接続する尾翼は上下に可動します。
尾翼は薄く成型されており頂点部分はかなり鋭いです。

取り付けただけで根本が若干白化してしまいました…。

尾翼を取り外した際のカバーパーツも付属します。アクアユニット…?

主翼は一見のっぺりした印象を受けますが、凹凸などがしっかり造形されています。

バックパック内部もメカニカルな作りになっています。

両腕にはパージギミックが再現されています。

ミゾに合わせて接続しているだけですが、外れやすいといった事はありませんでした。

ROBOT魂 <SIDE LABOR> グリフォン

ROBOT魂 SIDE LABORが開始してから2年近く待たされましたが、その分満足度の高いグリフォンが発売されました。

可動、造形とも文句なしで思うように動かすことができます。
股関節が独特の構造になっていますが、特にクセもなく可動させることができます。

ネックなのは価格ですね。完成度は高いのですがSIDE LABOR系はやや高めに設定されている気がします。

レイバーキャリアーやリアクティブアーマー装備のイングラムまで頑張って欲しいのですが…

スポンサーリンク