ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ Version 2  レビュー

ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ Version 2  レビュー

ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ Version 2 のレビューです。

関連記事:FINAL FANTASY VII REMAKE PLAY ARTS 改 クラウド・ストライフ & ハーディ=デイトナ レビュー

以前発売されたリメイク版クラウドから頭部が新規造形で変更された程度で、本体に変更点は無さそうでした。

ゲーム内3DCGを基に造形された新規頭部

アイプリントが少し怖いかも…

ツンツン頭

リメイク版Ver.1と比較すると、顔とヘアースタイルの再現度が格段に上がっています。

差し替えでバスターソードをマウントすることができます。

腕組みポーズは少し厳しいです。


スポンサーリンク

バスターソード

バスターソードも新規造形で以前の物より大型化し、ウェザリングが控えめになりました。

やっとまともに使えるスタンドが付属するようになりました。

可動範囲は良い方で、股関節や手首等にクリック関節が使用されています。

ハーディ=デイトナ

クラウド本体はデイトナ付属版、頭部とバスターソードだけ今回の物を使用しました。

ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 クラウド・ストライフ Version 2

新規の頭部の造形はなかなか良い感じです。

バスターソードの大型化も迫力が増して好印象です。

デイトナ付属版クラウドのアップデート用に新規パーツだけ個別販売して欲しいくらいです。

スポンサーリンク