icon icon

METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機 レビュー

METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機 レビュー

METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機のレビューです。

エヴァ初号機ということですが、装備から初号機本体の細部に至るまでデザインが変更されています。

本体は今までのMETAL BILDとは異なりダイキャストパーツの使用率が低いので、手に持った際のずっしり感というのはあまりありません。

本体の紫は気持ちメタリック調になっています。
首は成型色のように見えます。

アンビリカルケーブルは中空のチューブになっています。

エントリープラグのギミックはありませんでした。

大型化した肩アーマーは肩に接続したものと、背中にアタッチしたものに別れています。

膝を深く曲げると膝裏が連動してへこむなど、可動の妨げにならない工夫がされています。

スタンドは接続穴の付いたアンビリカルケーブルジョイントに差し込みます。

フレキシブルに可動しますが、ネジを締めるなど調整したほうが良さそうです。

可動部は膝が少し緩めかなという印象です。

 

スポンサーリンク

頭部

一見変わらないようで、正面や上からみるとかなりアレンジが加えられています。

ゴーグル付き頭部

アンテナを含めた額周辺のパーツを差し替える形になります。

暴走状態

口の開閉は顎を一度下に下げてからになります。

前屈はよく出来ますが、反らす方はそこまで…です。

エヴァらしいぐわっとした平手も付属しています。

パレットライフル

シルエットがそれとなくパレットライフルを意識した形状になっています。

マガジンが取り外し可能です。

アンダーレイルがあり、いくつかのオプションを装着できます。

ロングバレル

見た目がかなり変更されます。

銃剣

剣の部分は脱着可能で、初号機にナイフとして装備することが出来ます。

グレネード

ゴツ目の装備と早変わり。

プログレッシブ・ナイフ

お馴染みの装備。

TV版とも新劇場版とも異なる形状になっています。

今回、鞘パーツが付属しているので肩には収納されていない…?

ハンドガン

TV版のハンドガンのような形状ですが、上部にマウント用のレールが付いてるのでやや独特な感じになっています。

ハンドガン後部が可動、マガジンが取り外しできます。

マゴロク・エクスターミネート・ソード、カウンター・ソード

刀身がメッキ加工されているようで、独特の鈍い輝きを放っています。

持ち手の親指が柄に沿う形なので保持力はイマイチです。

ナイフは多少マシですが、ソードは重量があるのでポロポロ落ちやすいです。

 脛前部アーマー

足首アーマーを交換して、脛に装甲をハメ込む形になります。

武器マウント

マゴロク・エクスターミネート・ソード、カウンター・ソードは鞘にジョイントパーツを取付、初号機のマウント穴に取り付けることが出来ます。

腿横の装甲をスライドするとジョイント部を取り付けることができます。

フル装備

パレットガンもマウント可能で、ジョイント用のレールは展開式になっています。

台座

プラモデルであった輸送台仕様のように組み立てることができます。

左右の台座に各装備を取り付けできます。
このあたりはMETAL BUILDフルメタ系の流れですね。

腕は固定されています。

初号機はあっさり引きちぎりそうですが…

この他にスタンドを使用したディスプレイも可能です。

METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機

エヴァがMETAL BILD化ということで、初号機であって今までとは全く異なるスタイルでの立体化になりました。

流れ的にはANIMAに繋がりそうな形でまとまっている感じですね。

可動範囲がかなり優秀で様々なポーズと取らせることができて、とても楽しいです。

装備類のアレンジも新鮮で、特にパレットライフルの換装は面白いです。

説明書にもありますが、可動させてると腹部の緑の塗装がゴリゴリ剥がれてしまいました。

 

スポンサーリンク