ROBOT魂 エヴァンゲリオン初号機-新劇場版- レビュー

ROBOT魂 エヴァンゲリオン初号機-新劇場版-  レビュー

ROBOT魂 エヴァンゲリオン初号機-新劇場版- のレビューです。

キャンペーンのNervスタンドの上にディスプレイしてみました。

10年を経てエヴァ初号機が新規造形となって再登場です。

目はメタリック塗装となっています。

頭部の造形はなかなか良い感じです。

嬉しいことに、予備のアンテナが1本付属しています。

腹部の装甲の隙間がほどとんど目立たず、人造人間っぽさがあります。

尖っているわけではありませんが、各部がシャープに造形されています。

 

スポンサーリンク

可動

破の公開以降、初号機の可動物ではお決まりのポーズ。

肩アーマーの接続位置が旧版から変更となったため、腕を後ろにやると肩アーマーが前に…

走ってるポーズは旧版の方が劇中に近い形で飾れそうです。

股関節の下にディスプレイスタンド用のジョイントを取り付けることができます。

ジョイントがクリアパーツなので、後々割れないか心配です。

アンビリカルケーブル差込口にもスタンドをさせますが、少し緩く感じました。

首の一部が連動でスライドします。

胸部の紫と緑のアーマーを広げることができます。

顎が開きます。

METAL BUILDとことなり、ただ開閉するのみです。

う~ん、暴走用の手首が欲しかったですね。

ダミーシステム起動時の赤い目とかも欲しいですね。

足回りの可動も変わらず良好です。

アンビリカルケーブル

アンビリカルケーブルの端はディスプレイベースの穴に差し込むことができます。

ケーブルは固めで長いです。

パレットライフル

  意外とディテールが細かいです。添え手はないので、平手でそれっぽく。

プログレッシブナイフ

ナイフを展開した肩アーマーは差し替えとなります。

刃はメタリック塗装となっています。

第5の使徒にナイフを突き刺したポーズもバッチリです。

A.T.フィールド

バンダイ製の初号機ではおなじみの付属品、A.T.フィールドです。

A.T.フィールド用のスタンドが少し洒落た感じに。

高さの変更も可能です。

ただ、シートを固定するパーツが重さに負けてバラけやすいです。

お決まりのフィールド侵食。

フィールドの片面にフィルムが貼ってありますが、剥がすと少し透明度が上がります。

蛍光塗料

ブラックライトを当てると蛍光塗料が反応して、緑とオレンジの箇所が発光します。

ROBOT魂 エヴァンゲリオン初号機-新劇場版-

新規造形ということで、頭部の形状や胴体のプロポーション等、かなり進化を感じられます。

オプションの手首が多数付属してますが、それでも暴走用の手首が欲しかったです。

肘や膝周りが可動を意識した造形なのが少し気になりもしますが、総合的には満足度の高い初号機です。

果たしてシン・エヴァンゲリオンに初号機が登場するのか…是非とも活躍してもらいたいものです。

icon

スポンサーリンク