icon icon

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 レビュー 後編

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 レビュー 後編

前回に引き続き、METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 のレビューです。

ABCマント

ABCマントは胸部パーツを換装し、肩にジョイント、マント、ジョイントという形で取り付けていきます。

背中のスラスターは下におろしています。

マントにはダメージ表現で穴が空いています。

マントの裏側各所にウエイトを取り付けます。
これがなかなか手間がかかります。

マントの両端は根本を含めた3ヶ所がボールジョイントで接続されており、ABCマントに表情をつけることができます。

表情をつけられるのはいいのですが、肩をあげるポーズをつける際は干渉するので取り外す必要があります。

こちらは右側のボールジョイントはすべて取り外しました。

スタンドを後ろ側に倒すとマントが全体的に広がって良い感じになります。

 

スポンサーリンク

ビリー

METAL BUILD化にあたり新規にデザインされた偵察メカ。

ジョイントを介してクロスボーンガンダムの肩に取り付けることが出来ます。

ABCマント装着時は通常時と別個のジョイントを使用します。

股関節が左右に可動するので、クロスボーンの肩が斜めになっても真直ぐ立たせることが出来ます。

羽根やトサカ、尻尾が可動します。

クロスボーンの肩に接続する際は股関節のスラスターの穴を使用しますが、本商品に付属するスタンド支柱では径が異なるため使用できませんでした。
今回は魂STAGEからアームを引っ張ってきました。

コア・ファイター

スタンド支柱に取りけるためのジョイントが付属しますが、安定性はいまひとつ。

スタスターのメタリック塗装が映えます。

キャノピー内にパイロットの造形がありますが、成型色のままのようです。

キャノピー展開などのギミックはなさそうです。

ビーム・シールド投げ

魂STAGEのアームを利用してビーム・シールド二枚とビーム・ザンバーのシールドを再現してみました。

手持ちでは支柱の長さが足りず、クロスボーンをスタンドで浮かせた状態で…とはいきませんでした。

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1

2019年のはじめから物凄い完成度のアイテムが発売となりました。

ABCマントのギミックは新鮮で面白いですが、反面可動の妨げになったり後ろ側のボリュームに欠ける点が気になります。

なによりもウエイトの取り付けは手間でしたし、表側の黄色い成型色がイマイチ。
グレーとかのほうが良かったんじゃないかと思います。

不満点もありましたが、全体的には高水準のクロスボーン・ガンダムの立体物だと思います。

関連記事:METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 レビュー 前編

icon
icon

スポンサーリンク