HAGANE WORKS マジンカイザー レビュー

HAGANE WORKS マジンカイザー レビュー


HAGANE WORKS マジンカイザーのレビューです。

関連記事:HAGANE WORKS デモンベイン レビュー

各部に亜鉛合金が使用され、適度なズッシリ感があります。

カイザーパイルダーを差し込む関係で、首の可動は付け根のダブルボールジョイントとなっています。

頭部の細かい部分は綺麗に塗り分けられています。

カイザーパイルダーは差し替えで主翼の展開、収納状態を再現できます。

カイザーにパイルダーオンする際は収納状態を使用します。

放熱板はクリアパーツ製で内部のディテールが目を惹きます。

背中の2箇所の穴はスタンド用ジョイント接続穴となっています。
HAGANE WORKS マジンカイザーにスタンドは付属していません。

手首の交換部はボールジョイントではなく、丸軸です。

手首の上あたりにボールジョイントが内蔵されています。

手首は軟質素材で、カイザー本体と艶の質感が異なるのが少し気になります。

膝関節はゴールドで塗装されています。

足回りの可動範囲は良好で立膝も問題ありません。

膝はクリック機構が導入されています。

肩はボールジョイント接続で、肘も180度近くまで曲げることができます。

接地性そこまで良くはありませんが、足回りに使用されている合金の重量で多少安定します。

ターボスマッシャーパンチは特にギミックがありません。

 

スポンサーリンク

カイザーブレード

(ショルダースライサー)

柄はゴールド、刀身はシルバーで塗装されています。

2本付属しています。

鋼 WORKSオリジナルギミックのツインカイザーブレード

ジョイントパーツが付属して、2本のカイザーブレードを連結させます。

ロングタイプのジョイントパーツも付属しています。

ファイナルカイザーブレード

胸部中央のエンブレムは取り外し可能です。

腰、胸に可動部があります。

ファイナルカイザーブレードの両手持ちも問題ありません。

カイザースクランダー

背中のカバーパーツを外してカイザースクランダーを取り付けます。

主翼、尾翼ともに丸軸接続で多少回転させることができます。

クリアパーツ内部のディテールが非常にカッコいいです。

カイザースクランダー装着時でもスタンド接続ジョイントを取り付けることができます。

カイザースクランダー装備で存在感が更に増します。

魔神の玉座

グレーはすべて成型色となっています。

クリアパーツ下にディテールがあります。

適当に置いておくだけで、ただならぬ雰囲気の座らせ方ができます。

カイザースクランダーを玉座後ろに装着。

ブレード類を玉座後部にセットすることができます。

場所をとらずにブレードをセットする事もできます。

また各種オプション類もセットできます。

HAGANE WORKS マジンカイザー

HAGANE WORKS 第2弾となったマジンカイザーですが、変わらず良いクオリティーに仕上がっています。

綺麗に塗装されていますし、可動範囲も良好、関節の渋みも良い感じです。

玉座は別にいらないかな…と思っていましたが、実際手にとってみると意外と良い物でした。

スポンサーリンク