icon icon

HAGANE WORKS ブレードライガー レビュー

HAGANE WORKS ブレードライガー レビュー

グッドスマイルカンパニーより発売された、HAGANE WORKS ブレードライガーのレビューです。

1/72で亜鉛合金を使用した可動モデルとなっています。

重量約630gとのことで、他のブレードライガーの立体物では得られぬ重量感を感じることができます。

各部のマーキングはプリント済みとなっています。

脚部の各関節はクリック関節となっています。

スポンサーリンク

スタンド

専用のスタンドが付属しています。

高さは3段階に変更できます。

ブレードライガー胴体下のカバーを取り外して使用します。

一番低い高さに設定すればブレードライガーが接地した状態でもディスプレイできます。

ちなみにブレードライガーの頭部はあまり可動せず、横向きはこれが限界です。

ブレードライガー

キャノピーのクリアパーツの質感が良い感じです。

キャノピーは手動で開閉させることができます。

複座式でパイロットも2つ付属していますが、シートに固定する方法が無いため横にズレたりします。

コックピット内部の造りも簡素な印象を受けます。

口の開閉はこれが最大です。

牙はゴールドで塗装されていて、造形はかなりシャープです。

Eシールド展開状態

頭部上下左右のタテガミが可動します。

脚部には亜鉛合金やメッキ処理されたパーツが使用され、非常に密度の高い構成となっています。

コンプリッションリフリジェレイターが可動します。

後ろ脚にも合金がガッツリ使用されています。

尻尾はワイヤーを内蔵することでフレキシブルに可動します。

ロケットブースター展開

ロケットブースター本体は根本で上下に可動するのみとなっています。

もう少し元デザインを尊重したギミックが欲しかったところです。

AZ2連装ショックカノン

レーザークローはゴールドの塗装です。

レーザーブレード

幅広にアレンジされています。

レーザーブレード展開時に見える胴体にもメカディテールがしっかりと。

胴体は3分割されていて上下には可動しますが、左右には可動しません。

前方に展開してパルスレーザー発射状態も再現できます。

グググッと首を下げて。

首の可動部もクリック関節となっています。

アタックブースター

アタックブースターユニット装備状態

ブレード部のキャップ状のパーツを取り外して、アタックブースターを装着します。

アタックブースターにも一部メッキパーツが使用されています。マーキングがプリント済みです。

高機動ロケットブースター展開状態

付属のスタンドは横に傾けることもできます。

ハイデンシティビームキャノン

砲身がスライドして延長します。

砲口は?

アタックブースターユニットの前後可動部はキツめですが、粉吹いてたのでやり過ぎると緩くなってしまうかもしれません。

HAGANE WORKS ブレードライガー

1/72サイズで合金使用の可動モデルということで、期待値の高いアイテムでしたがシッカリ仕上げてきました。

デザインが多少アレンジされていますが、コトブキヤのHMMよりは控えめでしょうか。

アタックブースターはデモンベインのように別売でも良かったのでは…とも思いますが。

脚回りの複数の素材が使用された見た目が非常にかっこ良いです。

コトブキヤのプラモデルはハードルが高くてちょっと…という方は特にオススメです。

 

 

スポンサーリンク