METAMOR-FORCE ブラックサレナ レビュー (エステバリスカスタム編)

METAMOR-FORCE ブラックサレナ レビュー (エステバリスカスタム編)

前回に引き続き千値練より発売されたMETAMOR-FORCE ブラックサレナより、ブラックサレナの外装を外したエステバリスカスタムのレビューです。

METAMOR-FORCE ブラックサレナ レビュー (ブラックサレナ編)

エステバリスカスタムの膝関節等にダイキャストが使用されているので、エステバリスカスタム単体でも重みがあります。
機体色のピンクはやや落ち着いた色合いになっています。

細かい塗り分けはハミ出しもなく綺麗に塗装されています。

膝アーマー先端はブラックサレナ時に擦れて色移り?塗装ハゲ?してしまいました。

膝裏アーマーを展開することにより膝関節の可動範囲がアップします。
立膝も無理なくおこなえます。

エステバリスカスタム用の装備としてラピッドライフルが1丁付属します。
ラピッドライフル本体はメタリック調の塗装で、センサーもメタリックブルーで塗装されています。

通常の平手に加え、ラピッドライフルを支えるのに適した平手も付属しています。

エステバリスカスタムでもハンドカノンを装備できます。

ディストーションパンチ
パンチ用の手首はカバーが一体になっています。
接地性も問題ありません。

ブラックサレナではアーマーが干渉してあまり可動しなかった腰もしっかり回ります。

 

スポンサーリンク

 

ここからはブラックサレナへの換装を簡単に解説します。
お持ちの方は必ず取扱説明書を見ながら行ってください。
まず手首を外しハンドカノンへ付け替えます。

頭部を首ごと取り外します。

肩関節と股関節を引き出し、腿のジョイントカバーを取り外します。

股関節アーマーを取り付け、脚部のブースターユニットを取り付けます。
ブースターユニットはカカトとユニット内部に設置されたマグネットで接続します。

股関節アーマーはしっかり固定できた感触があまりなく、気がつくと緩くなって外れやすくなります。
ブースターユニットはポロリはありませんが、横に遊びがあるのが気になるかもしれません。

腿アーマーと胴体アーマーを取り付けます。
腿アーマーはしっかり取り付けているつもりなのが、ポロリしやすい箇所です。

バインダー、スタビライザー、アンカークローを取り付けます。

以上でブラックサレナへの換装が完了です。
下半身にポロリ箇所が集中して、上半身はガッチリとした作りになっています。

エステバリスカスタム状態ではポロリしやすい箇所がないので、気にせず可動させることができます。

付属のスタンドではアームが太すぎて目立ってしまうので、他社のを使用したほうが良いですね。

可動範囲もしっかり確保され、ブラックサレナへ換装するための機構もポーズ付けの際に役立つこともあります。
動かしていて楽しいです。

ただ価格が非常に高価なのでエステバリスカスタムで飾っておくのは少し勿体無い気も…

ブラックサレナ編はこちら

 

スポンサーリンク