icon icon

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

プレミアムバンダイにて販売された、METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスのレビューです。

クロスボーン・ガンダムX-1改・改

X-1改・改の状態も再現できます。

一般販売されたX-1とは全体の色味が異なっています。

新規造形の胸部周り

リアスカートのスクリュー・ウェッブも再現されています。

これがポロポロと落ちやすいです。

頭部はフルクロス用の耳飾りが付いたものしか付属していないため、改・改状態では頭部左側にダボ穴が残ったままとなります。

スポンサーリンク

スクリュー・ウェッブ

リアスカートの格納状態のスクリュー・ウェッブを取り外し、付属の展開状態を保持させます。

鞭部はワイヤーで思い通りに動きをつけられます。

今回は省略しますが、バスターガン、ビーム・ザンバー、ブランド・マーカー、シザー・アンカー、ヒート・ダガーなど多彩な武装が付属しています。

クロスボーン・ガンダムX-1 フルクロス

胸部アーマーを付け替え、フルクロスユニットを着込んだ状態です。

頭部の耳飾りはボールジョイント接続で可動します。

フルクロスの襟が高いので地味に助かります。

フルクロスユニットの本体色とスラスター部はメタリック塗装となっています。

Iフィールドジェネレーター

フルクロスユニットは前部の1箇所、後部の2箇所の可動部により展開することができます。

フルクロスユニット内側もしっかり作り込まれています。

ヒート・カッター

METAL BUILDオリジナル機構で、フルクロスユニット内側に計4個のヒート・カッターを内蔵しています。

ヒート・カッターにもマーキングが施されています。

ピーコック・スマッシャー

ピーコック・スマッシャーが1丁付属しています。

腕の前にあるフルクロスユニットは若干前に可動しますが、この程度が限界です。

銃口がシンプルでなんだか物足りない感じです。

ピーコック・スマッシャー本体下部をスライドすることで8つの銃身が展開します。

両端の黄色いウイングは別個に手動で展開します。

ムラマサ・ブラスター

ムラマサ・ブラスター ビーム・ガンモード

単純に持ち方を変えるのではなく、各部を展開させています。

アンテナの差し替えで眼帯展開状態が再現できます。

ムラマサ・ブラスター ソードモード

ビームエフェクトが付属しています。

先端のビームエフェクトは長短2種類が付属しています。

先端部分の取り外しに大変苦労しました…

フェイスオープン

エフェクトがド派手でインパクトがあります。

こちらは先端の長いビームエフェクトを取り付けた状態です。

フルクロスユニットは可動部の根本から取り外すことができます。

スカルヘッド・ユニット

両肩のスカルヘッド・ユニットはフルクロスユニットから取り外し、ブランド・マーカーにジョイントを取り付けることで装備することができます。

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

発売前からなんとなくわかっていましたが、やはりフルクロス装備状態での可動は厳しいものがあります。

それでもフルクロスユニットの展開ギミックやヒート・カッターの追加、美しいメタリック塗装など見どころの多いアイテムです。

ピーコック・スマッシャーとムラマサ・ブラスター持たせてただ飾っているだけでもカッコいい。

スポンサーリンク