figma グリッドマン レビュー

figma グリッドマン レビュー

SSSS.GRIDMANより、figma グリッドマンのレビューです。

設定画とは異なり、劇中の作画カットのようなメリハリの効いたデザインでfigma化されました。

アレンジが効きすぎて当初はどうかと思いましたが、手にするとそれほど気になりませんでした。

それでもこの大きな顎だけはどうしても気になってしまいます。

背中がメカニカルでカッコいいです。

一部にABSが使用されているようで、非常にカッチリした造形に仕上がっています。

表情付きの平手が付属しています。

肩に引き出し機構があるので、腕組みっぽいポーズも可能です。

股関節の可動が独特で癖が強く、取り扱いに気を使います。

膝立ちも可能です。 グリッドビーム

 

スポンサーリンク

グリッドマンキャリバー

細かい部分もしっかり塗り分けられています。

グリッドマンキャリバーを両手で保持することが出来ます。

刃を差し替えることでパースのついた状態に変更することが出来ます。

通常の刃と比較するとかなりのボリュームになります。

パーツ付きのグリッドマンキャリバーを片手で保持しようとすると手首が負けるので、バランスをとる必要があります。

figma グリッドマン

股関節等の独特な可動の構造に慣れないと少し弄りづらいかなという印象もあります。

塗装も全体的に綺麗に塗り分けられていますし可動範囲が広く、動かしていてとても楽しいグリッドマンに仕上がっています。

スポンサーリンク