リボルテック EV-017 エヴァンゲリオン最終号機 レビュー

リボルテック EV-017  エヴァンゲリオン最終号機 レビュー

リボルテック EVANGELION EVOLUTION EV-017 エヴァンゲリオンANIMA エヴァンゲリオン最終号機のレビューです。
…商品名が長いですね。

 

スポンサーリンク

 

リボ球が多数使用されていますがクリックが入っているのは膝のみでした。

今回ANIMAは未読ですが初号機に似ているので購入しました。

全体的に細く造形されていて従来のエヴァっぽさを残しつつ、追加の背部から伸びた両サイドのアーマーがカッコいいです。

太腿アーマーがF型装備を連想させるような形状ですね。NERV JPNのマーキングも。

背中の両サイドの穴は光の翼用で、中央はスタンド用になっています。

股関節の可動に結構クセがあるよに感じたので、慣れるまで少し苦労するかもしれません。
頭部は目が小さすぎるかなという印象を受けまし、エッジは細かいのでややダルくなっています。

首の付根がボールジョイント接続で首と頭部にはリボ球(クリックなし)になっています。

塗装は細かい部分もしっかり塗られていますが、私の個体は一部擦ったような塗装ハゲがありました。

スタンドはfigmaと似たような形状の物が付属します。

ライフル

なんとなーくパレットライフルの意匠を残したような形状ですね。

両手で構えればいつものエヴァに見えてきます。

飛行ユニットの緑のパーツを差し替えることによってライフルをマウントすることができます。

ビゼンオサフネ

かなりの長さですが軽いので関節が重さに負けることはありません。

柄の上にあるラックを握らせることも出来ます。

つま先にも可動部が仕込まれています。

 

スポンサーリンク

飛行形態

飛行ユニットを移動させ、ユニット両端のアーマーを可動させます。
スタンドに使用するジョイントも付属します。

腹部のリボ球にクリックがないので、下半身が下がってくることがあります。

光の翼

上下2枚で1組になっており。それぞれ角度を調整することができます。

光の翼を説明書の指示と逆の向きで取り付けることで横に広げることができます。

光の翼とビゼンオサフネ

リボルテック エヴァ 最終号機

ANIMAは未読で最終号機の存在は知っていましたが、だいぶ時間が経っていたので立体化されるとは思っていませんでした。

F型装備、スーパーエヴァンゲリオンと比べると、かなり初号機らしさが色濃く残っていて好みのデザインです。

新劇場版のようにヒョロっとしたスタイルでエヴァらしさがありながら、複雑な形状に変化した様が見て取れます。

 

やはり他のアクションフィギュアに比べてクセがあるので、独特の可動に慣れる必要があります。

ハマれば曲線的な綺麗なポーズがとれそうです。

しかし久々にリボルテックを購入しましたが価格がだいぶ上がりましたね。

 

スポンサーリンク