ネクスエッジスタイル エヴァンゲリオン量産機 レビュー

ネクスエッジスタイル エヴァンゲリオン量産機 レビュー

エヴァンゲリオン旧劇場版より、プレミアムバンダイで発売されたネクスエッジスタイル エヴァンゲリオン量産機のレビューです。

EVA UNITから一部流用がありますが頭部をはじめ腕、背中など新規造形部分が多めになっています。

デフォルメで大きくなった頭部はキモさ倍増。
メカニカルなオリジナルディテールが追加されています。

口が可動します。
顎を下ろすというよりも頭の上部をあげる形になります。

舌も造形されています。

 

スポンサーリンク

羽根

背中のカバーを外してから取り付けます。

内側の黒い塗装はバッサリと省略されてしまいました。

両翼と中央部の根本が可動します。

エントリープラグ挿入口を後ろに下げることで、頭部を真上まであげることが出来ます。

両刃刀

両刃刀が1つ付属しています。

柄を一度外してから持ち手に装着します。

両手持ちは可能ですが、ここから動かすのは難しいです。

ロンギヌスの槍(レプリカ)

こちらも1つ付属しています。
TV版 初号機付属の物の色替えでしょうか。

今回は2個購入しました。

羽根を下に下ろせば収納中のような感じで飾れます。

VS エヴァ弐号機

これをやりたいがために2個かったようなものです。

弐号機付属のA.T.フィールドはこのために付属してたようなものですね。

ネクスエッジスタイル エヴァンゲリオン量産機

意外と新規パーツも多く、数を揃えたいので一般販売でもよかったんじゃないかというアイテムです。

量産機独特の頭部をメカ風にアレンジされているのは面白いですね。

反面、持ち手が従来からの流用で外側に反っているのが残念です。

関連記事:ネクスエッジスタイル エヴァンゲリオン弐号機 TV版 レビュー

スポンサーリンク