DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ガウォーク/バトロイド編 レビュー

DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ガウォーク/バトロイド編 レビュー

前回に引き続き、DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機)のガウォーク、バトロイド形態をメインにしたレビューです。

関連記事:DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ファイター編 レビュー

変形機構は割愛させていただきますが、それほど難易度は高くありませんでした。

 

スポンサーリンク

ガウォーク

変形過程で腕を展開していない状態にすることができます。

脚をしっかりとハの字にすることができます。

足首から下はダイキャスト製で安定感があります。

足首の前後の可動はしっかりしているので、ある程度接地させることができます。

腕を変形させればガウォーク形態に。

変形させた状態では可動指がセットされています。

スラスターはシルバーで塗装されています。

バックパックのアンテナは別個で取り付ける必要があります。
アンテナの予備が1本付属します。

機体の裏側にもしっかりディテールがあります。

主翼と肩の隙間がほとんどないため、肩を動かすとたまに接触します。

ガンポッドを装備

ガンポッド自体は差し替え無しで展開できまが、ベルトは別個に取り付ける必要があります。

付属のガンポッド保持用の手首は、人差し指がトリガーにかかっていません。

握り拳は親指との間に隙間があるなど、凝った作りになっています。

トリガーに指をかけたポーズをとるには、可動指を使用する必要があります。

グリップと手のひらに接続用のダボがあるので、ある程度しっかり保持することができます。

スタンドの角度が変更できないのが辛いところです。

バトロイド

クリアパーツの内部のディテールを確認することが出来ます。

背中の黄色い部分はクリアパーツが使用されています。

付属のディテールアップパーツを取り付けない場合、胸部がスカスカになります。

ガンポッドはベルトを使用して肩にかけることができます。

腿の上部が可動するので、見た目よりも開脚させることが出来ます。

レーザー機銃は可動して前に向けることができます。

キャノピーカバーが成型色なので色味が少し浮いてしまいます。

ガンポッドを両手で保持して、体の正面に構えるのは難しそうです。

ディテールアップパーツ&可動範囲拡大

手順通りに変形させると、背中に背骨状のダイキャストパーツが固定されます。

一度変形を解除してダイキャストパーツを収納すると、腰が回転するようになり可動範囲がアップします。

胸部にディテールアップパーツを取り付けることで、隙間が埋まります。

個人的にVF-1はあまり馴染みがないのでポーズの引き出しがありません。

DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ガウォーク/バトロイド編

開脚するための機構や、割り切って腰の回転導入など開発陣の気合が感じられるアイテムです。

バトロイドでは早いところストライクパーツが欲しいところですが、私は4月です。

関連記事:DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ファイター編 レビュー

iconicon
icon

スポンサーリンク