DX超合金 YF-19 フルセットパック(ガウォーク/バトロイド編) レビュー

DX超合金 YF-19 フルセットパック(ガウォーク/バトロイド編)  レビュー

前回に引き続き、DX超合金 YF-19 フルセットパックのガウォーク、バトロイド形態のレビューです。

ファイター編はこちら

ガウォーク形態

説明書には特に記載されていませんが、腕を変形させない状態にもできます。

シールドを外すと首元ががら空きになるので専用のカバーパーツを取り付けます。

太ももと膝軸が回転可動するため脚をしっかりとハの字に開くことが可能です。

接地性も良好です。

ガウォークではシールドと主翼が干渉しやすいです。

手首は変形時に収納できる可動指、握り拳、表情の付いた平手、ガンポッド持ち手が両手分付属しています。

可動指でもガンポッド保持用の凸部があるめたしっかりホールドすることが出来ます。

 

スポンサーリンク

FASTパック

ファイターでは隠れていた膝裏のパーツが確認できます。
このパーツには裏側にRLの刻印があります。

バトロイド

全体的にスマートな印象を受けるプロポーションになっています。

変形難易度はドラケンほど難しくないといった印象です。
ただ、後頭部うしろの背骨フレーム後部が外れやすいのと、主翼の収納がやや厄介な印象を受けました。

それから左の股関節が非常に硬かったです。破損しないか怖いくらいに。
ネジがあったので少し緩めてみました。

クリアパーツのバイザーの下にツインアイがあるのが確認できます。

額のカバーとバイザーは取り外し可能で内部メカを鑑賞することが出来ます。

足の根元に可動部があるので見かけによらず開脚することができます。
A.C.E.3の必殺技かなにかの始動が蹴りだったような記憶。

FASTパック

肩のパーツによってシルエットがやや変わります。

肩の付け根はボールジョイントになっています。

両手持ちは機首が干渉するので角度限定といった感じです。

対装甲兵装パック

DX超合金 YF-19のウリの一つ、対装甲兵装パック
碗部を一周巻くようにして取り付けます。

差し替え無しで展開可能です。
引っ掛けて固定しているので閉じやすいといったことはありません。

対装甲兵装パックを取り付けた状態でのガンポッド保持は無理そうです。

 

スポンサーリンク

ピンポイントバリアパンチ

VF-19と同じくピンポイントバリアパンチ用のエフェクトが付属しています。
こちらは手首を外してから取り付けます。

腰をややひねることができます。

残念ながらエフェクトは1つしか付属していないので劇中の両腕ピンポイントバリアパンチは拳だけで。

DX超合金 YF-19 フルセットパック

バトロイド形態では見かけによらず意外と可動してくれます。

ガンポッド持たせるよりピンポイントバリアパンチで飾るほうが楽しいですね。

ガウォーク形態でも太ももと膝に回転軸があるので脚をしっかり開くことができて好印象です。

不満が全く無い訳ではありませんが、待望のYF-19を満喫することが出来るアイテムです。

関連記事:DX超合金 YF-19 フルセットパック(ファイター編) レビュー

 

スポンサーリンク