DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ファイター編 レビュー

DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ファイター編 レビュー

DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機)のファイターをメインにしたレビューです。

関連記事:DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ガウォーク/バトロイド編 レビュー

従来のDX超合金のマクロスシリーズと同じくらいのサイズです。
ですが、1/48相当ということで今まではとは違ったサイズ感があります。

特にパイロットが大きくなったことでなんとも表現し難い大型モデルの満足感があります。

 

スポンサーリンク

ディテール

機体各部にはディテールと細かいマーキングがあらかじめプリントされています。

エアブレーキが可動します。

フラップが可動します。

これも1/48の恩恵でしょうか。

主翼の裏側にはミサイルセット用の取付部があります。

一条輝のフィギュアが操縦桿を握れるのもこのスケールならではの良さですね。

モニターも確認することができます。

付属のスタンドで飛行状態を再現できます。

角度は変更できません。

インテークカバーは別パーツで、取り付ける必要があります。

キャノピーを閉めた状態でもコックピット内のモニターを確認することができます。

後ろ姿もカッコいい

DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ファイター編

サイズ的には従来のDX超合金と同等ではありますが、パイロットフィギュアや全体的な雰囲気から今まで以上に満足感があります。

変形機構も比較的シンプルなので、バトロイドからファイターに戻しても隙間なく綺麗に変形させることができました。

ファイター形態ではスーパー/ストライクパーツが無くても十分カッコいいです。

関連記事:DX超合金 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) ガウォーク/バトロイド編 レビュー

iconicon
icon

スポンサーリンク