ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78NT-1 ガンダムNT-1 ver. A.N.I.M.E. レビュー

ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78NT-1 ガンダムNT-1 ver. A.N.I.M.E. レビュー

 

ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78NT-1 ガンダムNT-1 ver. A.N.I.M.E.のレビューです。

公式ページ

ROBOT魂 ver. A.N.I.M.EシリーズからガンダムNT-1 アレックスがリリースされました。
ver. A.N.I.M.EはファーストガンダムやMSVがメインだったので、今回の「ポケットの中の戦争」からアレックスは意外でしたね。

機体のホワイトはやや青味がかっている感じです。

肩と頭部側面にはそれぞれ「4」と「U.N.T SPACY」がマーキングされています。
このあたりはプラモデルからの定番ですね。

アンテナは予備が1つ付属していますが細いので破損に注意が必要かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

ビームライフル
実銃のFA-MASに似た形状をしたビームライフルとビームライフルエフェクトが付属しています。
肘関節と肘関節の上部にそれぞれ可動部が設けられており、所謂ガワラ曲げが可能です。
胸部の肩接続部は跳ね上げることが出来るのでカッコよくビームライフルを構えられます。

シールド
こちらはジョイントで腕のミゾに挟みこんでの固定と、手で持たせるグリップを使用し保持することも可能です。併用も可能です。
内側にはきちんとモールドありです。
プラモデルではよくあるALEXの文字はありません。
個人的には大好きなのですが商品目にアレックスがついていないでの仕方ありませんね。

NT-1専用バズーカ
ビームライフルとシールドはプラモデル化される際には定番の装備でしたが、あまり目にすることのないバズーカが付属しています。
後部はガンダムやジムの物に近い造りですが、印象がかなり変わったバズーカです。

リアアーマーにジョイントを取り付けマウント可能です。

フル装備
ガンダムでは見慣れたスタイルですがアレックスでは新鮮ですね。

ガワラ曲げ用の関節のおかげでビームサーベルに手を回したポーズなども可能になっています。

ビームサーベル
柄が短いので両手持ちは厳しいです。
サーベルの刃の接続軸が細く、かなりキツイので破損に注意です。

アニメ表現を意識した湾曲刃も付属します。
ガンダム同様に胸を内側に可動させることが出来ますが、首と胸の間に隙間が出来てしまうのがやや欠点。

ガトリングカバーを外し、カバー側の白いパーツを更に取り外してからガトリング展開パーツを装着します。

ガトリングエフェクト長(一枚目)とガトリングエフェクト短(二枚目)

ガトリングエフェクトは各一個のみ付属しています。

股関節の下にスタンド用の受け軸があるので魂STAGEが使用できます。

2個付属しているバーニアエフェクトはメインスラスターのみでなく、バックパックの横などにも接続できます。
バズーカをマウントした状態でメインスラスターにエフェクトを接続するとやや窮屈です。

今回のアレックスの目玉の一つ、ザク改との戦闘で受けたダメージパーツ。
ガトリングカバー、右手、頭部、バックパックの左側はそれぞれ差し替えで、胸部はパーツを上から被せるだけです。

豊富な付属品と工夫された可動範囲によりプレイバリューの高いアイテムになっています。
思いっきり開脚させなければ接地性も問題ありません。

肘関節の軸が短いのでやや外れやすいのと、手首の交換が硬いのが玉にキズ。

チョバムアーマーは…どうなるのでしょうか、気になるところですね。
すでに発売済みのザク改ジム寒冷地仕様のリリースが決定していますが、そのままズゴックEやハイゴッグ、ケンプファーも期待したいところです。

ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78NT-1FA ガンダムNT-1 ver. A.N.I.M.E. -チョバム・アーマー装備-

 

 

スポンサーリンク