S.H.Figuarts レイ & D-O(STAR WARS: The Rise of Skywalker) レビュー

S.H.Figuarts レイ & D-O(STAR WARS: The Rise of Skywalker) レビュー

S.H.Figuarts レイ & D-O(STAR WARS: The Rise of Skywalker)のレビューです。

フォースの覚醒ではめっきりだったS.H.Figuartsですが、スカイウォーカーの夜明けでは公開前からレイが発売されました。

旧三部作においてルークの服装はだんだん黒くなっていきましたが、レイはわりと白でまとまっています。

顔はかなり似ているのではないでしょうか。

ただ、おでこの生え際がなんだか不自然な気も…

後頭部の処理の甘さが気になります。

差し替えでフードをかぶった状態にできます。

フードと首元が一体パーツなので、首元に違和感が残ります。

一度フードを取り付けると、もとに戻すさいにフードから頭を取り出すのに苦労しました。

腰に取り付けるためのライトセーバーが付属しています。

最後のジェダイで破損した物を、レイが修復した形状が再現されています。

ブラスターをホルスターに収めることができます。

塗装のはみ出しが何箇所か見受けられました。

右足の前後にかかるパーツは軟質素材なので、可動の妨げになることは少ないです。

D-0

新登場のドロイドD-0が付属しています。

レイと比較するとだいぶ小さめです。

首がボールジョイントで可動します。

ブラスター

腰に収納したブラスターを持ち手で保持します。

ブラスター持ち手は左右付属しています。

ハン・ソロの形見

ロッド

最後のジェダイ版ではスルーされていましたが、今回は付属となりました。

肩に掛けられますが、固定箇所などは無いので不安定です。

専用の持ち手が付属しますが、保持力はいまいちです。 両手保持も可能です。

ライトセーバー

いつもどおりライトセーバーの中央部が分割して、持ち手で保持させます。

ライトセーバーのグリップが太いので、ライトセーバー持ち手で両手持ちはかなり厳しいです。

軟質パーツが干渉するので立膝は厳しいです。

S.H.Figuarts レイ & D-O(STAR WARS: The Rise of Skywalker)

シリーズ最終作の主人公アイテムですが、出来栄えはうーん…もっと頑張れたのではという印象です。

可動はそれほど悪くないですが、首周りの造形、塗装のクオリティがいまひとつです。

顔は結構似ているのでオプション表情をつけて欲しいところです。

付属品が足りませんが、アベンジャーズのように完全版がでるのかどうか…

その時は完全新規で作り直してほしいです。

icon
icon

スポンサーリンク