METAL ROBOT魂 リ・ガズィ・カスタム レビュー

METAL ROBOT魂  リ・ガズィ・カスタム レビュー

プレミアムバンダイにて販売された、METAL ROBOT魂 リ・ガズィ・カスタムのレビューです。

関連記事:METAL ROBOT魂 (Ka signature) Ζガンダム レビュー

よりガンダムらしい顔つきとなった頭部はセンサー類がメタリック塗装されています。

BWSに依存しない可変機体ということで、バックパックはかなり大型化されたバックパックが目をひきます。

各関節はかなり硬めに仕上がっていました。

 

スポンサーリンク

ビーム・アサルトライフル

ビーム・アサルトライフルはメタリック塗装されています。

肩の引き出し機構が内蔵されています。

シールド

シールド内側もしっかり作り込まれています。

シールドが取り付けづらかったので、ジョイントを一度外してから腕に取り付けたほうがやりやすかったです。

シールドのジョイントを展開することで腕のサイドにもっていくことができます。

2連装グレネード・ランチャー

グレネード・ランチャーのカバーは差し替え無しで展開することができます。

ビーム・ガン

腰のビーム・ガンは前方に展開することができます。

バック・ウェポン・システム

左右のユニットを前方に展開することができます。ただし中央のユニットを一度取り外す必要があります。

ウイングの付け根がスライドし、右ウイングのように角度をつけることができます。

バックパックの各スラスターが可動します。

ハイパー・ビーム・サーベル

ハイパー・ビーム・サーベルといえど、特別長い、太いということではありませんでした。

METAL ROBOT魂オリジナルギミックとして、メガ・ビーム・キャノンを取り外し、MS形態で装備することができます。

グリップを起こし、手で保持させるとともに腕のシールドジョイントで固定しています。

銃身がスライド展開します。

中央ブロックと左右のウイングユニットを取り外すとリ・ガズィに近いシルエットになります。

ウェイブライダー形態

MS形態からWR形態への変形はそれほど苦労せず行えました。

強いていうならばシールドと胸部の接続がやりづらかった程度でした。

脚部をリア・スカートでロックしたり、ジョイントパーツで両足を固定するため、Zよりも安定したWR形態となっています。

METAL ROBOT魂 リ・ガズィ・カスタム

全体的に怖いくらい関節部が硬く、しっかりとした作りになっています。

WR形態時のロックがZより多く、しっかりと維持できるのが好印象です。

バックパックの左右のウイングユニットが少し外れやすいのが玉に瑕ですが、良くできています。

 

スポンサーリンク

METAL ROBOT魂カテゴリの最新記事