METAL BUILD エールストライクガンダム レビュー【最新アレンジ】

METAL BUILD エールストライクガンダム レビュー【最新アレンジ】

エールストライカーパック

エールストライカーもかなりアレンジの入ったデザインとなっています。

単体でディスプレイするためのスタンドが付属しています。

かなり細かいとことまでモールドが追加されています。

ビームサーベルの形状が大幅に変更され、アストレイ用に近い印象を受けます。

スラスター内部もディテールがあります。

主翼と下部スラスターの羽が可動して、好みの角度でディスプレイすることができます。

ユニット後部をやや下に下げるとダクトが見えます。

エール用のスタンドはストライクのスタンドと接続することができます。
また、ストライクを立たせた状態で保持する支柱も付属しています。

メタルビルド版、エールストライカー収納状態
どうせなら劇中のように主翼をそのまま下ろせるようにして欲しかったです。

 

スポンサーリンク

エールストライクガンダム

ストライカーパックの接続部に突起がついているので本体に接続後、パックを少し下げることでロックしてホールドすることができます。

ストライク本体のダイキャスト率が高いので、エールストライクでも自立に問題ありません。

ストライクの時点で首の可動範囲が広くないうえに、エールストライカーを装備すると干渉して余計に動かなくなります。

  劇中でよくやっていたような気がする撃ち方 蹴り  ビームサーベル

ギリギリ抜刀ポーズがとれます。

ブーストダッシュ格闘

ストライクも二刀流やってるイメージは無いですね…。

METAL BUILD エールストライクガンダム

可動に関しては特に特筆すべきような点はありません。

むしろ首の可動範囲があまり広くなく上をあまり向けない、股関節がやや扱いづらい等不満もあります。

METAL BUILD エールストライクの売りは見た目が非常に良い事ですね。

フレームのダイキャスト、胸部のメタリックブルー、各所のマーキングやアレンジディテールと様々な角度から眺めて飽きません。

アレンジは好みの分かれるところでしょうか…個人的にはメインスラスターの位置が落ち着きません。
ここは下げておけば問題ないのですが。

股関節部のスタンド保持がイマイチで、ポーズを変えていると外れやすいように思えます。

終いにはジョイントがポッキリ折れてしまいました。

真鍮線で補強しておけばよかったです。

「METAL BUILD∞ -メタルビルドインフィニティ-」にて新しいストライカーパックの発表があるのかもしれませんね。

icon
icon
関連記事:METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム SOUL BLUE Ver. レビュー

 

スポンサーリンク